掛け捨てと積立の違い

保険を見直す上で、知っておきたいことがあります。それは掛け捨てと積立の違いです。

掛け捨て型ですと、積み立て型のように支払った保険料が返ってこないということで損ではないかという考え方が一般に定着していますが、支払う保険料においては、掛け捨て型の方が明らかに安いのです。そう考えますと掛け捨て型は、安い保険料で万が一の時に保障を受けられますので、積み立て型だと高いと思われる方には良いということです。
特にお子様がある程度大きくなって私立学校に進学させるとなると、家計はかなりの負担です。ましてや、一人だけでなく兄弟姉妹で私立というお宅もあるでしょう。それに、一人が大学となるとおめでたいことですが、費用はさらに掛かります。授業料、交通費はもちろん、一人暮らしとなることだってあるのです。そのために積み立ての生命保険を解約というお宅もありますから、そう考えますと家計を圧迫しない程度で支払えるならば、安心料として掛け捨てにするのも得策といえるでしょう。

このようにそのお宅それぞれのお金の使い方がありますので、一般に言われる保険に対する考えは捨て、保険見直しをしてみましょう。その際に窓口で相談員に第三者としての的確な考えを聞くのも良い参考になるでしょう。